イージーリスニングは最高!!

「いーじー とぅ りっすん」イージー・リスニングは最高!!


曰く、エレベーター・ミュージック。曰く、シャンペン・ミュージック。
イージー・リスニングという、すっかり確立している古典的な音楽ジャンルは、その後ろ向きに扱われることにおいても、確立されている。エレベーターに乗っている間だけ聞こえる、何の引っかかりもない、すぐにその場を立ち去る人の為の、いきずりのBGM。しかしそれは限りなく上品であり、この上なく美しく、官能的。刺激を極力抑えたその音楽は、通俗的と蔑まれることも少なくない。イージー・リスニングをやりたい、という若い音楽家志望の人に、凡そ遇ったことがない。私にとっては、ニューエイジなんてものこそが無限に通俗的なんだが。ハーレクイン・ロマンスみたい?それって、AORのことじゃないかな。
AORとイージー・リスニングは、何処かその処遇が似ている。
数年前、音楽ライター金澤寿和氏の労作「AOR、light mellow」によって、ひと頃は本当に侮蔑されていたAORというジャンルの市民権は、見事復活した。否、全盛期でさえあまり好意的な意味で用いられなかったこの言葉は、もしや初めて褒め言葉として使われたのでは。
では、イージー・リスニングはどうだろう。昨今のラウンジもの、これは多少骨子が変わっているものの、イージー・リスニングのひとつの姿と言っていい。何しろ緩めのハウスなら、Sex and the city のサントラにも入る程。
そう、私がここで目論んでいるのは、イージー・リスニングを音楽的に鑑賞に耐えるもの、鑑賞すべき作品として贔屓したい、という野望だ。これだけ音楽が氾濫すると、どんな音楽だってエレベーターで聴ける。であれば、エレベーター空間から復権してゆく音楽があるのも、悪くないんじゃないか。

ジャッキー・グレーソン(Jackie Gleason)。高度なテンションコードも、命懸けにブロウするサックスもいらない。これに比べリャあなた、リチャードクレーダーマン
なんて、あんなのはロックンロールですよ。
   3
  /
o ) ♪

[PR]
by momayucue | 2005-08-09 08:55 | イージーリスニングは最高!! | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30