ゆーこコラム

ロッキー・ホラー・ショー@川崎ハロウィン

d0041508_23184649.jpg


日本では子供がお菓子をねだりに来るというより
大人のばか騒ぎの場になっているハロウィンですが
皆様いかがお過ごしですか?ゆーこです。

同じばかなら踊らにゃそんそん、てことで
川崎ハロウィンの「ロッキー・ホラー・ショー〜パフォーマンスおもいっきりやりたいバージョン〜」
見て来ました。
このブログでも常連さんの
スカルピアさんがパフォーマンスで毎年フランケン・フルター(主役!)をやるんでね。
この画像の真ん中で
黒の網タイツでご満悦なのが
映画本編でのフランク博士です。
若き日のティム・カリーの当たり役(舞台からずっとやっている)です。

この映画のパフォーマンスをやる人は、
コスプレをするのはもちろん
映画の上映中に舞台にあがって
映画と同じことをお客さんの前で口パクで演じます。
てことは、顔はお客さんの方を向いている・・・
全部セリフと動きを暗記して
音を頼りに映画と同じ動きをしなきゃいけないという
しかも常にスクリーンの中のプロの役者と
自分の動きを比較されながら衆目にさらされるという
遊びでは到底できない過酷なパフォーマンスなのです。
とは言ったって、そうそう簡単に全部おぼえられるもんじゃありません。

去年も見たんだけど、
去年にくらべて格段にスカルピアさんがフランクに
入り込んでる感じがしました。
演技って、自分がしゃべったり動いたりしない時が
一番集中度がわかります。
他の人が動いてるときも、ちゃんとフランクになってたもんね。
「I'm going home」良かったぜ。

今年はロッキーを女性がやるっていう
かなりドッキリな試みもあり
しかもとても上手な方だったので
フランクとロッキーの結婚式もすてきでした
(すてきという表現があてはまるシーンかどうかは別として)

この映画の間延びした感じからして
1年に1回見るのがちょうどいいんだよねー。
来年も楽しみにしてます。
[PR]
Commented by momayucue at 2009-11-02 01:48
たにぴ@ログイン中です。
んなわけで、ゆーこさま、お誘い頂きありがとうございます。
フランクことスカルッピーさまも、人づてで声かけてくれて、マンモスうれ…自粛(←古)。

年に一回だと、みんながステージに傾れ込むわけにもいかないのかしらね。
ぼくはすっかり、映画と、充て振りのエンターティメントを堪能する側にまわってました。

もう一寸前で観れたらよかったなあ。
Commented by ゆーこ at 2009-11-03 01:26 x
それはもしかして川ハロのステージにあがりたいって意味?
タイムワープの時なら許してくれるのかな~LIPSの皆様は…
Commented by scarpiaii at 2009-11-03 13:43
ゆーこさん、たにぴさん、ありがとうでした。
たにぴさんがいるの知ってたら、バナナに…

むしろ歓迎されると思うよ>ステージ傾れ込み
タイムワープなら確実。とくにエンディングのタイムワープは、そーゆーカオスが相応しい

次回はぜひぜひ!
Commented by ゆーこ at 2009-11-03 23:40 x
scarpiaiiさん

いやいや楽しませていただきましたー
たにぴさんは
「ドロンジョさんがいなければ
バナナでぼくが優勝する自信があったなあ」
と言ってたのですが

来年はもうロッキーホラーヴァージンじゃないもんね(笑
Commented by momayucue at 2009-11-05 02:12
scarpiaiiさま、
会場に走り降りてきてたとき、
すぐそばまで来てたよ。
by momayucue | 2009-10-31 23:46 | ゆーこコラム | Comments(5)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31