つれづれ

暫くは想い出のネタばかり ELEPHANT HOTEL/矢野顕子

d0041508_16333929.jpg

たにふじです。

矢野さんのアルバムには、必ずクレジットでエホバの神への感謝と、
家族一人ひとりへの感謝とが、英文で記載されている。

ぼくの曲で、"My Love Goes To You"というタイトルがあって、
これは彼女の言い回し、
"my love goes to Ryuichi." から来ていた。
言うまでも無く、Ryuichiは、坂本龍一。教授。
…、のつもりだったのに、今調べたら、
my love to Ryuichi.だった。
不思議だ。goes to って言い方、何処で知ったんだろう。

これは、エレファント・ホテル
"PIPOCA"というとんでもなくへんてこりんなカヴァー曲。
「すばらしい日々」は、ユニコーン以上にダイレクトに悲しい。
世事に疎いぼくに、
「サカモトが女をつくって矢野さんがおかしくなってるらしいよ」
とか余計なことをインプットする女友達がいたけど、
何があったかに立ち入るよりも、
彼女の悲しみが音楽に出てるのが辛かった。

「あいがあればなんでもゆるされる。
そんなことはありません。残念でした。

あいがあればなんでも越えられる。
それは本当のことです。正解でした。」

矢野さんの作品はぼくにとって特別なものばかりだけど、
このアルバムは、とりわけ。
教授とアッコちゃん。異なった才能の最強の組み合わせ。しかし、
その夫婦でさえ、気付くと離れてしまう。
一方、ヤノ・イトイのコンビは、ずっと共作を続けている。
これからもずっと、続けるとぼくは想うし、ヤノもイトイも想ってるだろう。
[PR]
Commented by とど at 2010-09-25 17:29 x
夫婦になると難しいことってあるんでしょうね…。
ター坊+教授のタッグは、ここに来て最強のものがあるのにね。
まぁ、結婚したこと無いので分かりませんけど。。。
Commented by momayucue at 2010-09-26 10:45
たにぴ@ログイン中です。
ター坊+教授のタッグ、やっぱり距離があったのと、時間が経ったのと、
何と言ってもお互いに全く依存してないのが大きいんでしょうね。
YMOでさえ、スティーリーダンでさえもまさかの再結成をしてるんだから、
2人のオフコースも矢野さんとのコンビも、ぼく自身も、諦めないんです。
http://momayucue.exblog.jp/9323154/
by momayucue | 2010-09-25 16:33 | つれづれ | Comments(2)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30