つれづれ

蝶々夫人/プッチーニ

d0041508_22565540.jpg

クラシックのアルバムを買う時に、いつも迷うたにぴ@もまゆきゅです。

その、詳しい人は迷わないんでしょうけど、
ぼくなどは、作曲家で捜すか、
編成で捜すか、演奏者や指揮者で捜すか、
時代で捜すかなどなど、もんの凄く困るんです。
普段は、クラシックを捜すと言っても、
大概が現代音楽なので、作曲家や、クロノス・カルテットをターゲットで、
突進しちゃう。
でもねえ、えーと、ベートーベンとかモーツァルトとか、
どうしていいのか皆目判らない。なので、
本屋さんで売ってる安いシリーズとかになっちゃう。
もともとが作家嗜好が強いので、
どんな曲であるかを聴く耳になっちゃうというのも大きいです。

そうすると、例えば、このアルバム、PucciniのMadame Butterfly…。
いったい当時何故これを選んだのか、もう記憶も無い。
指揮者のロリン・マゼールが好きだったのかな…。
少なくともこのパッケージが気に入ったのでは無さそうです。
これ、西洋人からはエキゾチックなの?
うーむ。
買ったのほんとに大昔なので、まだ本屋さん物件とか世間になかったし、
2枚組なんて高くて大変だった筈。
なのになのに…。

有名なテーマよりも最近は、冒頭のじゃがじゃがじゃーつ×2のところが、
いかにも物語の始まりっぽくて、お気に入り。
[PR]
by momayucue | 2011-12-26 22:56 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30