もーしょんぴくちゃー

アルゴ Fuckin' themselves.

d0041508_22361529.jpg

d0041508_2236151.jpg

当分の間、乾杯する度に、
"ARGO. Fuckin' themselves."
と言ってしまいそう。
以前から観たくて気になって仕方が無かったけど、
やはりサイコーに凄い映画でした。アルゴ

奇想天外なアイデアで、CIAが国際紛争下の人質を救出する。
確かに奇想天外だけれど、絵的には地味だ。
アクションは無い。銃撃戦ひとつ出てこないし、
脱出する主人公が走る姿すら、現実にあったのかどうか…。
淡々と、大胆に行動したのでは…。
それでもその大胆さはサーカスに匹敵する。
しかも多少の演出をふりかけたこの映画のスリルたるや、半端ではない。

さて、この辺でネタバレを避けつつあらすじを…。
原案は、"How the CIA Used a Fake Sci-Fi Flick to Rescue Americans from Tehran"
「CIAがいかにして偽のSF映画をでっち上げ、テヘランからアメリカ人を助け出したか?」
というレポート。
1979年、元はと言えばアメリカが悪いと言えなくもない国内紛争下のイランが舞台。
暴徒と化したテヘラン市民が、アメリカ大使館を占拠。
直前に脱出した職員が、6名、カナダの大使館に隠れたが、
…帰国する術が無い。
本国では、英語教師として偽造ビザを発行するだとか、
自転車を提供し、山を越えて隣国へ亡命だとか、
「まとも」で、しかし不可能な案しか出ない。
そこへ、トニー・メンデスというCIA局員が登場する。
「冬山を自転車で越えるなんて不可能だ」
「英語教師なんて今イランにはいない。すぐに大使館からの逃亡者と見抜かれ、銃殺だ」
諸々を経てトニーが考えたのは、
「ハリウッド映画制作をでっち上げる。知名度のある俳優と、新聞にも取材させ、
何処から見ても本当に映画が作られるように想わせる」
そして、カナダ国籍に見せかけ潜入し、職員達と合流し、
彼等をカナダ人の映画スタッフとして連れ出す。

いやあ、大胆だな。
少しでも派手なところがあったら、逆に却って命がない。
でも、絶対に緊張して観る筈。最高だよこれ。

ネタバレになるのであまり書けませんが、どうしても言いたいことが幾つか。
・映画の質感が70年代的でグッド。
・音楽が兎に角うさぎにつの、いい。
 サウンドトラックは2012'11月時点では、CDになっていません。
 ぼくは配信リリースは基本的に満足しないので、
 いつか形にして欲しい。
・先にも書いた通り、事実に沿って描かれているので極端な脚色はない。
 もしもこれが完全にオリジナルなストーリーだったら、
 適度にアクションを交えた痛快なコメディーにしただろうけれど、
 そんなことを忘れても、この地味でシリアスなムードが、ぼくは大好き。

写真は、当時のカーター米大統領と職員の写真。
また、調べてみるとトニー・メンデス氏との写真もある(当時は機密扱い)。

映画への満足と別に、やはり実話ということで感じたのは、
社会には、表に出ない闇や裏側があるということ。
噂になって消えてしまったことや、
地味だけれど奇想天外な機密プロジェクトや、
諜報や、経済の操作が沢山。

そして、本当のトンデモなことを吹聴している人も。
例えば、ジョン・レノンを政治的に監視することは考えられても、
何も暗殺する必要ある?
中東に戦争を仕掛ける動機として、ハイジャックでWTCにぶつけるなんて、おかしい。
同じ国が、僅か6名の平和裏の救助の為に、
これだけの危険な極秘作戦を展開しているというのに、
一方で3千人を殺すって…。

考えるんです、いつも。いつも、いつもいつも。
[PR]
Commented by しま馬 at 2012-11-27 01:52 x
おもろかったですよねーアルゴ
些末ながら登場人物の似方もいいなとおもいました
Commented by はま at 2012-11-28 23:59 x
オレも『アルゴ』観ました!
実話を元にしているから結末は分かつているのにハラハラドキドキの演出でとても楽しめた作品でした(^_^)b
Commented by momayucue at 2012-11-30 00:08
しま馬さま、どもども!
そう、似てるんですよね。でもトニーだけは全然違う。だって監督主演だし(^^;

はまさま、これも観たのね!
ぼくは単純なので、多分もう一回観たとしてもはらはらしちゃうと想われます。
ばかですねー。
Commented by こぞ at 2013-12-07 22:07 x
今更ですが、レンタルで観ましたよ。
最初の15分くらいは少し解りにくくて『失敗したかな・・・』と思っていたのですが、心配いりませんでした。
ブルーレイの特典映像の本物!のインタビューは不思議な気持ちになりました。
Commented by momayucue at 2013-12-09 11:22
こぞさまどもども。
時代背景とか、シュレッダーを繋ぎ合わせるとか、
今だと一寸考えられないような部分もあって、
だからこそあの古臭い映像が説得力を持つんですよね。
インタビュー、観てないな…。どんなだったんだろう。
by momayucue | 2012-11-25 22:36 | もーしょんぴくちゃー | Comments(5)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30