もーしょんぴくちゃー

「パリ・テキサス」の意味

d0041508_725438.jpg

d0041508_7254374.jpg

d0041508_7254389.jpg

d0041508_7254383.gif

ヴィム・ヴェンダースというドイツ人の映画監督。
ぼくはそれ程沢山の映画を観た訳ではないし、
音楽と違って、映画には求めるものがそもそも単純です。
音楽だったら、かなりな神経を使って受け止められるものを、
なるべく、なるべく漏らさず受け止めたい。
しかし、映画にはそんなねばりを持たないです。
だから何度も勉強してでも理解したいとは想わない。
その時、わかったものが全てです。
2度目があるかどうかは、巡りあわせ次第です。

アクション・ムービーみたいなものは、
ストレートに楽しい。
出来ればあまり上品に纏めたものじゃない方が、すかっとする。
知的な伏線が沢山あったら、そりゃいいです。
ぼくの中ではね、やっぱりダイ・ハードからレベルが変わった気がする。

今年だったら、ほんとに毎年一寸しか観ない新作でも、
アルゴ

今後、音楽だけでなく、たまに、昔観た映画や、TVや、
その他何でもぼんやり書いていこうと想ってます。
基本的に、音楽グループのblogで、音楽と日々という感じでずっと書いていて、
今年に入ってからは少したにふじの中で方針を変えて、
ちゃんと、書いている音楽についてレコメンドをしようとしています。
バンドのblogですが、漸く一般のblogに追いついた。
想い付いたことを何となく述べる場所にした。
「ちょっとたにふじ、何様よ!」
と想うかも知れないですが、出来れば音楽も映画もその他何でも、
これ迄以上にご贔屓を。

閑話休題。ヴェンダースの「パリ・テキサス」について、最近とても緻密な評を読んだので、
改めて、この言葉にならない映画の観返しをした。
色と、音楽と、画面のリズムと、映画の占有する時間との一体感が凄くて、
テーマを吸収し尽くすにはかなりな体力が要る。
映画の全てがある、と、とある監督が述べていたが、
全くそうだ。映画の重力が感じられる。

主人公は、冒頭、かなり奇天烈な人物として登場し、
やがて観客に馴染むようになり、
子供と和解し、
妻と再会し、
そして、
静かな別離が訪れる。

彼等の心のうちは殆ど説明などされない。
解釈の為の余白が、広大な時間と色と音楽を用いて用意されるだけ。
ただ、余白は余白として雄弁で、並の暮らしでは有り得ない主人公の切迫した愛が、
観客に、ちゃんと降りてくる。
この雄弁さが無かったら、一寸理解出来ないでしょ、これ。
愛が、束縛と駆け引きとして物質化して、
家族がみな手痛い火傷を負い、
再生の為に、それぞれの救いを用意しようとする。
いまどきのホラーの根底にありそうなテーマ…。

しかし、"Paris Texas"の心理は、そんなエンターティンメントに向かわない。
そこには、人間しかいない。
砂漠と、都市と、交通と、シナプス。

ところで、この映画では「愛が、束縛と駆け引きとして物質化し」とか書いてみちゃった
けどさ、
実際どうだろう。近頃じゃストーカーもホラーだが、極端とは言い難いかも。
でも、ぼくはやっぱりストーカーになりたくない。
しかし、押し付けたくないし、意志を尊重して、負担にならないようにしたいし、
仕事を続け、懸命に趣味にいそしみ、
そしてそれが却って、お互いの退路を断ってしまう話は、
あるでしょう、巷に。
お国柄も何もない、世界中に満ち満ちている悲しみです。

ブルーレイ
サウンドトラックの凄み。

或る人は、テキサスの中にパリという地名があることが、
西部劇の様な砂漠の、救いだと言ってました。
映画の、美しく聡明で優しい少年は、
物語の救いです。
ナスターシャ・キンスキーの美しさも、ぼくには希望だと想う。
ハリー・ディーン・スタントンの小汚さは、
…男性の行き場の無さだね。
映画の全てが、実は、解釈の為の広大な余白。
ぼくは、何処までも、そこを歩く。記憶を失くしながら。
[PR]
by momayucue | 2012-11-28 07:25 | もーしょんぴくちゃー | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30