つれづれ

Some Change/ボズ・スキャッグス

d0041508_1835840.jpg

「めんどくさい」という言葉がキライな、たにぴ@もまゆきゅです。

だって、めんどくさいのは当たり前だし、
それを少しでもスムーズに運ばせるのが仕事だし、
要するに、行動で解決したいんですよ。
頭を巡らすのは苦手だけど。

でも、あまりにも素朴で逆に肉体性が無いものは(あ、音楽の話ね)、
どうもダメ。
って言うかこの表現自体がベクトルかかってて、
そりゃそうだよねって想っちゃうでしょ、でもそれはフェアじゃない。
同じ音楽で、肉体性があるって人と無いって人といるのに、
さもぼくが肉体性を感じないのが正しいみたいなのは、
喩えとして一寸ずるしてます。

昔は、Boz Scaggs ってあまり聴かなかった。
一寸カッコつけてるけど、
つけてるカッコがカッコ良くない気がしてた。
最近は、気になってる。どうして?何があったんだたにふじ。
しかし、彼の代表作にして、AORを代表する名バラード、
「うぃ・あぁ・おーる・あろーん」
には、あまり惹かれない。ぼくが昔から好きだった曲は、
なんつっても、"Hard Times"と"Hollywood"ですね。
その後長いこと聴いてこなかったんだけど、
最近になって、突然です。
歴史の空白を埋めるみたいに聴き返してる。

このアルバムのジャケットでも、相変わらず手持ちのカードを読ませない、
微笑みのポーカーフェイス。
「週末、少年に還る」みたいな人は、ぼくは好きじゃない。
オンとオフでのたうちまわるか、
オンにオフを持ち込むのが人生でしょうにと想う。
でも、あまり気付かなかった、ボズは、そんなに器用に立ち回ってなかった。
意外に肉体な人だった。そう感じる。

自分の年齢かな。不思議な感覚。
"Hard Times"の、少しシニカルで、でも老成もしていて、
当時の彼は今のぼくよりもかなり若いけど、
今頃フィットして、今頃通期一環して、
何かの逃れられないマインドの落とし穴に一緒に嵌る。
彼の曲を演奏してみたい。
[PR]
by momayucue | 2013-01-09 18:03 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30