つれづれ

Back on the Block/クインシー・ジョーンズ

d0041508_201544.jpg

極東の零細バンドのたにぴ@もまゆきゅです。

Quincy Jonesがどれ程凄いかについて、以前当blogにも書いたことがあります。
いちJAZZ MANからスタートして、アレンジャーとして抜きん出た能力を発揮し、
やがてそのアレンジは、スコアのみならずあらゆるサウンド作りを包括する。
ご存知鬼警部アイアンサイドの、テーマ曲に使われるサイレン。
テープを挟みでばしばしカットし、マイクポイントの如く音楽の力点さえも大胆に移動し、
回し、被せ、試し、捨てる。そして、
音楽ビジネスの未来20年をロードマップ化した、モンスター主演の、モンスター・アルバム。
そう、スリラーです。
更に、アメリカのスターというスターが勢揃いしたチャリティー。
ジョージ・ベンソン、シナトラ、映画音楽。

そして、そんな時代の追い風をめいっぱいはらんだリーダー作が作られる。
その"Back On The Block"の痛快さは、音楽がもたらす希望の姿だ。
ひとつひとつのサウンドが、輝いている。

なんて書いちゃいましたが、実はぼくは、
このアルバム、比較的最近買った。
力強さも音楽の語彙も黒さもわかり易いけど、
何だか、聴くのが不安で。音楽に「悪」が無かったら、一寸居心地が悪くて困る、と。
でもクレジットに、ロッド・テンパートンの名前を見つけたら、
いや、大丈夫だろう、と結論が出たんです。

キタイ通りだったかどうかは…ヒミツ。
[PR]
by momayucue | 2013-04-15 02:00 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31