つれづれ

Animal Logic/アニマル・ロジック

d0041508_2181465.jpg

猫派なたにぴ@もまゆきゅです。

猫ジャケって、アルバムジャケット愛好家の間ではよく言われます。
猫は音楽なんて感心ないのに、音楽家は大概猫好き。
犬は音楽好きなふしがあるのに、
音楽家は、犬はまあ好きだけれど、明らかに猫派優勢です。
不思議だねえ。

スチュワート・コープランドの、
コッチキコッチチカーッチココスカチーッっていうドラムは、好きです。
スタンリー・クラークは、
ジャズやってもファンクやってもノーマルベースやっても、
ピッコロベースなんて飛び道具をやっても、そつがない。ハーヴィー的。
さてさて、この犬ジャケ、とてもいいです。
ベースとドラムとメロディラインが、
とてもとても、すっきりくっきりしていて、
空気が澄んでいる。
で、驚いたことにヴァイオリンに、L.シャンカールが入ってる。
フレディ・ハバードがいたり、スティーブ・ハウ…はともかくとして、
真剣さがわからないけど、凄いメンバーだ。
しかもそれぞれの音が、澄んでいる。
彼等が1年をかけて捜し当てたソングライター&シンガーは、Deborah Hollandという女性。
とんでもなくプログレッシヴとかじゃ全然ない全体のサウンドだけど、
彼女の楽曲も含めて、全ての音という音の存在感が、澄んでいる。

白熱のインタープレイではなく、
硬質で端正なインタープレイ、という言葉に興味を持った方、
おすすめよ。
ジャムってる訳じゃないし、表現難しいな、でも聴いたらわかると想う。
[PR]
by momayucue | 2013-05-17 21:08 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31