つれづれ

お待たせセットリスト、ワールドハピネス2013 Report

日時:2013年8月11日(日)、度を越えた晴れ。
会場:東京:夢の島公園
各地で記録的な暑さとなったこの日。夢の島も例外ではなく、ぼくの年齢には本当に殺人的です。暫くは、脳みそが煮えてるんじゃないかと想ってました。
今年のメニューは、当初夢想してた「こうなったら凄いねえ」が実現した場面も多く、やっぱり年数を重ねることで状況が理想に近づくってあるな…と感慨深いフェスでした。夏よ、あとはもう終われ!
d0041508_23215370.jpg


大橋トリオ
・マチルダ
・Seven days
・サヨナラの雨
・僕らのこの声が君に届くかい
マルチプレイヤーの大橋さん、近作は珍しく他の演奏者が沢山だったらしいですが、ライヴとなったら当然始めから他人がやります。しかしセンスいいなあ。バンドの統率力というか、多分本人の人柄が、自然にみんなを緩く牽引出来るんだろうな。柔和でスケベそうな(リリー・フランキーに似てる)表情。

Controversial Spark (incl.鈴木慶一)
・in May
・in June
・夢の晩餐
・I hate and I love you
リードヴォーカルのkonoreさんの顔が、殆ど風に吹かれて髪の毛で見えなかった。ちらっと見えたら、なんだよ可愛いじゃん。キーボードレスのロックサウンドは、ムーンライダーズ以上。栗コーダーにおいてあまりリコーダーを吹かない近藤さんはがっつりギターを。

高橋幸宏
・Looking For Words
・Time To Go
・The Old Friends Cottage
・All That We Know
・World In A Maze
・Follow You Down
驚く程シンプルな編成と楽曲は、そのまま最新作のカラー。全曲でドラムを叩きながらヴォーカルを取るユキヒロは、YMOが超重量級のフツーのバンドになったように、最高にヒップでお洒落なミュージシャンから、超重量級のフツーのミュージシャンになったのでした。いつもそうですが、彼等の変化は、ぼくの変化でもあり、絶対に
フィットするのです。

MIDNIGHTSUNS
・The Crown Song
・Nikita
・MAPS
・ROCK BAND
大村憲司の息子がフロントに立った、グランジロックのバンド。ドラムに絶好調の沼澤尚。息子の慎司さんは、ヴォーカルもギターもお父様と比較すると少し細いけれど、統率の取れたバンドのサウンドは、間違いなく海外のレベルだった。MAPSに涙。

清水ミチコ
・ネタのオンパレード
(ドリカム、ユーミン、井上陽水、森山良子、矢野さん、山下達郎風etcetc…)
・丘を越えて with 矢野顕子
ネタは一寸憶えきれない。他にもあったと想うけど。ピアノうまいなあ。実は彼女は、前夜祭やワーハピプロモーション番組では毎年ユキヒロと出演しているので、ご本人登場は今更というか満を持してというか、なんでみっちゃんを出さずに初回には安西さんとかリリーフランキーとか歌ってるんでしょうねえって突っ込みを入れつつ観てました。ぼくは清水さんを生で観るのは初めて。
さてさて、カラオケで達郎のイジリをやった後は、とうとう…、
矢野顕子
・海のものでも、山のものでも
・セラピー(忌野清志郎)
・いい日旅立ち
・ひとつだけ
このままシームレスで、矢野さんが登場。ふたりで「丘を越えて」を。もはやどっちがどっちやらな状態です。清水さんが矢野さんを紹介し、矢野さんが、
「しみず・みちこっ!」
とロックな紹介で送り出して、ソロへ。
忌野清志郎の未発表曲(矢野さんの「忌野清志郎を歌う」には入ってる)は、あまりにも名曲で、ああオレのことを歌ってくれてる…と想えた。頭の中も、頭の外も、大変だろうな。「ひとつだけ」ではぼくも飛び跳ねてました。

ヒカシュー
・筆を振れ、彼方くん
・生きること
・入念
・夕方のイエス、朝方のノー
・マンハッタンの口琴
・バイク1996 ver.
映画「風の歌を聴け」でねずみを演じた、眼差しだけで何か異様な心を迸らせていた巻上公一は、もういる筈もなかった。変わってないのかも知れないけれど、ぼくには同じに見えないもの。あの頃沢山あったザ・テクノのバンド達。プラスチックス、スパイ、等々。中でも一際生活感と地下演劇感が露出していたヒカシューは、もはやテクノバンドを超えたYMOと並ぶと、老いたテクノとしてどうにかノイズを起こしている。そんなことしか言えない自分でした。

スチャダラパー
・アーバン文法
・ライツカメラアクション
・Let It Flow Again
・GET UP AND DANCE
・今夜はブギー・バック
・ザ・ベスト
・サマージャム
セミ・レギュラーとも言えるワーハピお馴染みのスチャダラ。楽曲も夏フェスにストライク。前回だったか、アニのマイク不調でちと辛かったが、今回はばっちり。ロックンロールはもう大人のたしなみになってしまったが、HipHopはどうだろう。
「20年も前の自分達の曲なんてクッソ古くてだめだと想ってたけどさ!」
と、昔の曲をラップする彼等。ラジカルでいることもある種のステイタスになってしまうのなら、年齢を普通に重ねることの方が遥かにアンチだ。俺はまだ若いと叫ぶよりも、ガキではないのだとうそぶく方が真にラジカル。それに、やがてはだれでもラジカルじゃなくなる時が来るし、まあそんなことはどうだっていいんだ。ブギーバッ
ク。

TOWA TEI
・APPLE
・UPLOAD
・RADIO feat.玉城ティナ
基本的にDJプレイ。最後に玉城さん登場。ビニールのお人形さんみたいに歩く姿は、90年代の様。しかし最も驚くのは、15歳の玉城さんよりも、業界に登場以来全く歳をとらないテイトウワ本人。サングラスの効果もあるのだろうけど、肉のだぶつきやたるみが皆無。サイボーグか?今回はアルバムが出たばかりなので、そこからのプレイになり、勿論マルチトラックを使えるので、もうイジり放題。

柴咲コウ
・かたちあるもの
・KISSして
・恋の魔力
・Strength
・月のしずく
・最愛
時間が押してたらしく、この辺からMCが全体に少なくなっていました。今回最も華のある出演者なんだし、あんな可愛い衣装だったんだし、もっとゆったりいって欲しかったのに。イヤーモニターがハート型。音程の良い、流石演じ手という表現力の歌。イイ子だねーあの子。ただ、何故かこのバンドだけ、ベースとキーボードの低音
が瞑れてた。他は全体にかなり音が良かっただけに、残念。

トクマルシューゴ
・Katachi
・Poker
・Green Rain
・La La Radio
・Rum Hee
上手い上に独創的なギターのスタイル。なんとなくモテてるのに気付いてなくて本人は寂しい…みたいな徳丸さんのキャラ。普通やらないような無茶をするバンドで、楽しかった。若い頃の自分に逢ったようじゃった…(死亡フラグ)。

salyu × salyu
・Sailing Days
・じぶんがいない
・ただのともだち
・Mirror Neurotic
・奴隷
相変わらずの超圧巻!ギタートリオに声4人という編成は、ただただ声が中心で、その他は添え物に過ぎない。曲のアレンジと多少のリフ。今回salyu × salyuシスターズと紹介した4人の、この技術の高さは絶対に才能だけでは乗り越えられず、血の出るようなトレーニングを経てないとだめでしょう。それにしても凄いよ。感動的。

GREAT3
・彼岸
・綱渡り
・Little Jの嘆き
・エデン特急
このバンドについて、実は名前以外何も知らなかった。佐藤奈々子さんと一緒に作ったアルバムは持っていたんですが、奈々子サウンドと一寸違ったディストーションで、一寸びっくりしたんですね。もともとロッテンハッツだったのか…。しかも、ベースがかつて高桑さんだったのか。で今は奈々子の息子さんがベースなのか!色々
驚きだなあ。片寄さん、実に瑞々しい声。

大貫妙子
・ピーターラビットと私
・横顔
・都会
・Mon doux Soleil
・ファム・ファタール
林立夫、鈴木正人、森俊之、小倉博和という強力サポートで、今年○○歳になるとは想えない大貫さんが、涼やかに、名曲のオンパレード。前のステージで清水ミチコさんが矢野バージョンで歌った「横顔」を。細野さんがYMOセッションを初めて行った記念碑的な「ファム・ファタール」を。林立夫さん、スティーヴ・ガッドと市村正親をモーフィングしたような顔に。もうスネアの音が綺麗でたまらない。

KIRINJI
・ナイーブな人々
・fusitive
・仔狼のバラッド
・holiday
このメンバーになって初ライヴとのこと。全体にカントリーロックのテイストになり、複雑なリズムとコードワークは、裏側に回ってます。歌詞は相変わらずだし(泰行デュオ以降の新曲が2曲)、これ迄の作品を演奏というのもこれからしていくだろうけれど、まだ方向性が読めない。っていうかこの感じだと旧キリンジファンはキツイだろうな…。ぼくはあまりミュージシャンの変化にくさすことは言いたくない人なんだけど、高樹ソロの曲とか、AOR調の曲とかもっとこれから聴きたい。とかいいつつ、「ナイーブな人々」にはうっすら涙。弱いのよこの手の曲。

奥田民生
・マシマロ
・イージュー☆ライダー
・風は西から
・それはなにかとたずねたら
・コーヒー
・さすらい
奥田さんを、非常に尊敬しています。何がって、普段の言葉が素敵過ぎる。わけてもはげみになるのは、
「目標は、低く小さく」
何故かって、叶わない時にかなしいじゃないですか…と。こんなこと言ってる人、あまりいないでしょう。でもぼくもそう想う。夢が小さかったらいいのに、と。歌詞に言及。彼の曲は、何故か昔から、それこそユニコーンのデビューの頃から、所帯じみたものがトレードマークでした。刹那的な若い純情。リーサラの悲哀。おっさんの疲
労。ノスタルジー。さすらい。釣り。当人達が体験出来ないようなしょぼくてありきたりな現実。想像の範囲というのもあるし、それに寄り添った民生の優しい目線というのも重要だったでしょう。たった独りで、自分のギターだけで歌う。さすらいもしないで、このまま死なねーぞ…。若い頃もう既に流離(さすら)ってしまって、今も帰れないたにふじは、胸が苦しかった。

レキシ
・きらきら武士
・大奥
・狩りから稲作へ
この日最大のウケっぷり。そりゃそうだろう。ぼくも歌ったし踊ったし、サイッコーに愉しかったです。でも、もしかしてあれですか?関西ではこのレベルは当たり前ですか?どうですか関西の方?もまゆきゅもあの位ウケてみたいな、ギャグ考えようっと。

てなわけで…。
d0041508_23233144.jpg

WH13 SPECIAL BAND<The おそ松くんズ>
・花いちもんめ:鈴木茂
・ほうろう:小坂忠、矢野顕子
・ラーメン食べたい:矢野顕子、奥田民生
・ダンス・ハ・スンダ~Dance Is Over:奥田民生
・LABYRINTH:大貫妙子、鈴木慶一、高橋幸宏
・TIBETAN DANCE
・ファイアークラッカー
アンコール
・咲坂と桃内のごきげんいかがワン・ツゥ・スリー
坂本龍一、小山田圭吾、鈴木茂、小坂忠、小原礼、Dr.kyOn、佐橋佳幸、高橋幸宏、奥田民生、矢野顕子、鈴木慶一、大貫妙子、ゴンドウトモヒコ(シークレット、細野晴臣)
このメンバーで、持ち回りで代表曲を演奏する。しかもアンコールには、MCを務めていたスネークマン・ショーこと咲坂守と畠山桃内こと小林克也さんと伊武雅刀さんが参加。初めてじゃないっすかね、「ごきげんいかが、ワンツースリー」をライヴで演奏したっていうのは。かなり老人力満載で、イタイのかうまいのすれすれの演奏を、なんとかかんとか佐橋さんがまとめてました。しかも、
"Here we go. Everybody. Come on Rock'nRoll. You and me,me and you Let's Rock'nRoll!"
のフレーズを、登場メンバー全員が出てきて歌うという、無駄過ぎる豪華過ぎる、平均年齢高すぎる展開…。
実現はしなかったけれど、Yellow Magic Orcestraと矢野さんが揃ってるんだから、「在広東少年」とか行っちゃって欲しかったんです。しかし、もうひとつ可能性を見つけた。小原礼がいるのだから、あと渡辺香津美が入ってKIRYNというのも面白かったねえ。前から想ってたけど、JAZZ系のタフな人も呼んで欲しいな。

いやあ、黎明期のWorld Happinessから6年、参加メンバーはどんどんゴージャスに、コンセプトはどんどんちゃらくなり、個人的には理想的な進化をしています。もともとが完璧過ぎる進行で、曲間よりもステージ切り替えが早いくらいだったのだし、少しだらけてもいいでしょ。しかも、完全にセッションライクなラストとかも、脱力してていいと想う。 で、単純に出てくる音の凄さ!曲中のソロパートが曖昧だったりずれたりしても、あの音塊のガツーンとした重たさは日本ではなかなか体験出来ないですよ。もういい、これで2時間やられても笑ってますよぼくは。オールスターバンドっていうのはこういうものさ。

全体として、音が良かった。豪華さは右肩上がりなこのフェスですが、ぐだぐだもまたいいです。天気は良すぎてマジ死にそうでした。どっかで誰かが「客は暑くて倒れそうなのに出演者豪華なケータリングとエアコンと仮説プールなんだぜ!」と怒ってましたが、当たり前じゃん、出演者に客席と同じ体験を強要するんかい!でも、もう一寸身の危険を感じないサポートも欲しいな。兎に角、うさぎにつの、暑過ぎた~っ。

これから、WORLD HAPPINESSはどうなるだろうな。或いは、どうあるべきだろう。もまゆきゅBlogは何故かありがたくもワーハピ回りではよく見て頂けてるBlogですので、ちょびっと大胆に提言など。
・ユキヒロの我儘を、がっつり強めるべし!
 多分これ迄もそうだけど。
・JAZZも呼ぶべし!
 日野さんか香津美希望。山弦もいいな。ビッグバンドでもいいよなあ。あ、はにわオーケストラとか、どうですかね。
・野球場のビール販売みたいにタンク背負ったお姉さんがブロックを回って欲しい。 買いに並ぶよりも売れると想うし、紙コップの代わりにマグカップ出した人には20円引きだとエコだし。
・ホースでびゃあああって散水してもみんな喜ぶでしょう。
・進行はミズモノだから色々あるけど気にしない。ぐだぐだは、あり!でも通しで司会者がいて困ってると面白いかもね。出来れば青山陽一が、ダメっぽくていいな。

この次はモアベターよ。




[PR]
by momayucue | 2013-08-14 23:24 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31