つれづれ

Lawn Chair Society/ケニー・ワーナー

d0041508_1525332.jpg

あまり芝生に座らない、たにぴ@もまゆきゅです。

野原の椅子の同好会。
ほのぼの。
難解だとか言われることの多いKENNY WERNER ですが、
ぼくは全くタイトル通りの音楽だと想う。
亡くなった娘さんを想って、
彼女のユーモアに報いようとするお父さん、ケニー。
「多分今頃、天国は笑いが絶えないだろう。娘はジョークのセンスがとても優れてたから」
とライナーノートにあります。
骨太なピアニストとして一目置かれるケニー・ワーナーが、
タフで若いスター・プレイヤーと繰り広げる、JAZZのひとつの形です。
一寸笑って、涙が流れて、肯定的にセンチメンタルで、可愛い。

ぼくもやろう。
[PR]
by momayucue | 2014-05-09 01:52 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31