つれづれ

SKIES OF AMERICA/オーネット・コールマン

d0041508_0564751.jpg

音楽がしたいだけの、たにぴ@もまゆきゅです。

Ornette Colemanの、1972年作。
彼がフリー・ジャズの人なのは何となく知ってます。
しかしぼくは、彼がフリー・ジャズをやってただけなのかどうか、
寧ろ全然違うと想うんですよね。
一環してオーネットだし、暗い重たい時代もあったけれど、
それでも、太陽のようでもあったと想うんです。
シリアスな太陽でもあるけれど、
彼自身は、ニヒリズムとは無縁な音楽家だと想う。
「アメリカの空」というこのアルバムは、
笑っちゃうんだけど、管弦楽作品です。ですが、
もう圧倒的にオーネット。
ぼくは彼の、「裸のランチ」という映画のサントラを愛聴していて、
これは弦部分はハワード・ショアという映画音楽の職人が書いてるんだけど、
JAZZパートはオーネットが、比較的明るく演奏している。
そういうミクスチャーな音楽でした。
しかしこのアメリカ組曲は、彼がオーケストレーションも自らしている。
何となくのスタンダード集とか、そんな様子は微塵も無くて、
ただもう一直線に彼の音楽。
一聴すれば、オーネット・コールマンという人物の個性がわかる。
幾つも好きなアルバムがあるけれど、
JAZZ好きな人でないとお薦めしにくいものが多い中、
案外、誰でもストレートに伝わる、ヘンテコだけど取っ付き易い作品なんじゃないかな。

ぼくにも、結構強く、
ストリングスをふんだんに使った音楽を作りたい欲があります。

POPSのフィールドの人が弦を使いたいと想うパターンって、おおまかに、
・既存の楽曲に、洗練と厚みを施したい
・ある種クラシックの語法を使った音楽を作りたい
というどちらかじゃないかと想うんです。
ぼくも、どちらかです。
強いて言えば既存じゃないけど始めから弦を想定しているものもあるくらい。
オーケストラは、やはりスタイルがあるでしょう、
細かく言えばノリも違うし、札幌交響楽団とサイトウキネンは全く違うし、
それでも、作家を引き寄せてしまうくらいの個性が、
編成に最初から備わってる。
ロックでもある程度そうだし、みんなそうだ。

しかし、ここでのオーネットは、一寸違う。
ひたすら自分の内なる音楽を書いているにすぎないんです。
それがたまたま弦であった、と。
クラシックの技術がある人なら普通にそういう音楽になるでしょう。
ジャズの人が弦を自分で書いたら、それなりになる。
多分ぼくも、自分で弦を書いたらそれなりになるんです。
オーネット・コールマンは、圧倒的に個性的だ。
もう、これが浮かんじゃって、いてもたってもいられず、
どうしても管弦楽じゃないと駄目だと想ったんだろうなと察します。
このパワーは、もうぼくにはないかもな、と白旗気味。
ってもオーネット・コールマンに張り合っても仕方がないんだが。





[PR]
by momayucue | 2015-01-17 00:56 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30