つれづれ

CATHERINE WHEEL(回転花火)/デヴィッド・バーン

d0041508_2139523.jpg

アメリカ人によくDavid Byrneの物真似をして、ウケを取ってました。
どうも、たにぴ@もまゆきゅです。

"Girlfriend is Better"とかを、ひっくり返った声でマネするんです。

ニュー・ウェイヴにあたるのかどうか、
そもそもニュー・ウェイヴとは何なのかさえ、
当時まるっきりニュー・ウェイヴ時代の真っ只中にいたのに、
わからなかった。
パンクと、ニュー・ウェイヴと、テクノは、
何処がどうというのも良くわからず、何となく好きだった。
…でもないか。好きなものが意外と多かっただけか。

少し不思議だったのが(あ、でも悪い意味じゃなくてね)、
N.Y.に住んでいた頃に向こうで知り合った友達の中でも、
トーキング・ヘッズは比較的インテリ層っちゅうかさ、
真面目に文学とかを研究してる人達に、人気があったんです。
多分、バーンさんも自分の中に詩人の気質を多く感じていたんじゃないかと。
エスニック楽器を大量に(バンドメンバーの数以上に)持ち込み、
かなり、所謂トンガったファンクにヘッズが傾倒した時にも、
そのバランスが、一寸インテリ臭かったんです。
あちらでバイトしてたお店で"Stop Making Scence"かけて怒られたりして、
やっぱりムーディじゃなかったんだと想います。

CATHERINE WHEELは、同タイトルの現代バレーの為のサウンド・トラック音楽。
なあんて言うと、やっぱし一寸インテリ臭い。教授みたいに敬遠しちゃう人もいるかも。
音楽の中身は、ひたすらカッコいい。でも確かに、お酒の席には合わないかも。

いいんだもーーん。

デヴィッド・バーン=ブライアン・イーノ周辺の人脈がどおんと参加して、
沢山のインストと、
聴こえた瞬間に違和感を引き起こす彼のヴォーカルとで、
まんまリメイン・イン・ライトな世界です。ダンサーじゃなくても踊りたくなる。

でも、これで、バレー?
色々あるからな。




[PR]
by momayucue | 2015-11-25 21:39 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31