つれづれ

BACK! FROM THE RAGGEDY EDGE/オーパス Feat.レイ・ヘイデン

d0041508_2243563.jpg

d0041508_2243547.jpg

お洒落じゃないのにお洒落な音楽好きな、たにぴ@もまゆきゅです。

Opaz featuring
レイ・ヘイデンは、Swing Out Sisterなどをプロデュースしたり、
イギリスのアシッド・ジャズ系でよく名前を見かける、DJ。
90年代以降、アシッド・ジャズは、当時勢いを削がれつつあったAORに代わり、
ストレートなロックンロールではないシックな音楽界を担っていました。
ただ、Ray Hayden は独特な立ち位置。
ジェームス・テイラー・カルテットインコグニートに象徴されるどんぴしゃアシッド・ジャズと、
スイング・アウト・シスターの様なお洒落ポップスとを行き来する。
しかもそれがやっぱり英国的テイストで、味わい深い。

…、に、しても、だ!!
この、ジャケットは、何?何なの?
この絵の方のジャケットでは、普通ヘビメタだと想うよね。
おれだけっすか?
ぼくはかなりジャケ買いをしちゃう方なので、かなり迷惑である。
同じ被害を、以前KIRINJIから受けている。
鬱陶しい兄弟の絵と、音楽は全く違って、日本でも飛び抜けて洗練された音楽だったのよ。
ぼくはなるべく、あまりジャケットのイメージと音楽が違わないようにしよう。
そう決めてます。そりゃこのジャケットであたりだったら嬉しいけど、
わざわざ機会損失したくないもーん。
Paris Matchとかさ、絶対イメージが外れなくて、期待通りの音がする。

お願いしますよレイさん。





[PR]
by momayucue | 2016-08-12 22:04 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31