つれづれ

これくしょん~ねぇあんた/ちあきなおみ

d0041508_1802939.jpg

最近、歌謡曲というものに目覚めた、たにぴ@もまゆきゅです。

幾つか好きな曲はあったのですが、
ちあきなおみを触媒として、日本の歌謡曲を見直そうという気持ちに突然なった。
漸くたにふじも桑田圭祐に追い付いた感じですか。

どちらかというと暗い情念のこもった楽曲が多いちあきさんですが、
音楽のジャンルとしては、結構幅広かった。
メジャーメロディーのポップス、ファンク調の曲、ジャズ、ド演歌と、
かなり横断的。
例えば、「4つのお願い」と「矢切の渡し」は、普通同じ歌手が持ち歌として歌わない。
「喝采」と「夜間飛行」にはギャップはないです。
しかし、あんなにオールドスタイルの演歌に行く人は、
70年代から活躍し始めた人には珍しいのではないかな。わからんけど。
美空ひばりさんとかは、少女歌手から始めてることで、
時代の要求が沢山押し寄せた感がありますよね。
しかし、 しばたはつみ 朱里エイ子 といったポップス・シンガーは、
矢切の渡しはやらんでしょう。
ちあきさん独特の暗く重い歌唱が、それを選ばせたんでしょうね。察するに。
森進一八代亜紀前川清等も、実は多様なジャンルを横断してた。

正直、演歌のことはあまりわからないのですが、
70年代の歌謡曲は、かなりモータウン的な楽曲が多くて、
ちあきさんの曲も半分以上はそう想います。
「喝采」で使われるシンコペーションとかもかっこいいし、
とてもオリジナリティのあるメロディーも、外国人は羨ましいんじゃない?
並のバラードじゃないですよ。近いものがない。
暗いけど、見事にポップスです。
出来たらぼくもあんな曲を書いてみたい。
でもあのオリジナリティに、途方に暮れる。

遠い昔、「4つのお願い」をカバーして歌ってもらってたことがあります。
今で言うアニメ声の、なかなかうまい女性シンガーでした。ぼくはギターだけ。
歌謡曲テキなにこちゃんポップスを演奏するというのが、
なんかね、そういうことが、モータウンや、ティンパン・アレイに近い感覚になってきてる。
年齢のわりに、ぼくはサザンオールスターズを直接通ってないんだけど、
漸くそこに追い付きつつあるのかも。
だって、一気に6枚セット買っちゃったくらいだから。

やっぱり芸能でしょう。
暗いと尚更いい。





[PR]
by momayucue | 2016-09-15 18:00 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30