つれづれ

my thing/トゥオモ

d0041508_1750388.jpg

ドゥオモ、たにぴ@もまゆきゅです。

今日は、トゥオモです。Tuomoというキーボード奏者で、
このアルバムではバリバリなシンガーソングライター。
ぼくは、実は クインテセンスというフィンランドのバンド から知りました。
女性ヴォーカルがフロントだったクインテセンスでは、
もっと抑えの利いた、洗練されたサウンド。
ソロとしてのデビューが、こちら。
聴いたことある人、いるかな…。ぼくは全く知らなくて、クインテセンスから追っかけてたまたま知った。
でもラジオでは当時ヘビロテだったらしく、
バンマスゆーこさんは知ってました。
“Don’t take it too hard”のアッパー過ぎるノリ。
↑リンク先観て下さいな。もうだめ。めっちゃ盛り上がる。もう一寸長くてもいいのに。
名曲揃いのファーストです。
フィンランドにこんなミュージシャンがいたりするんだし、
日本だっていい音楽があると誇っていいんじゃない?

もう何年も前から、
「世界中に、凄い音楽がある!その全てを聴きたい!」
と妄想してます。
勿論、そんなことは不可能ですよね。だってさ、どんだけあるとか想像もつかないし、
一旦カスだと想って通り過ぎてしまった曲が、
後から傑作と気付くとか、むしろその駄作ぶりが良かったと気付くとか、
幾らでもあるしさ。
だからもう諦めつつも、つい捜してしまうし、
現にそうやって自分達の音楽も誰かに見付けて欲しいんだ。
もまゆきゅのアルバムには、もう反省点も後悔もてんこ盛りだけど、
ぼくらにしかわからない想い出もあるし、
ぼくらにはわからない想い出を想起させるに充分な、
マジックを込めたつもりなんです。

マジックは人によって違うし、映画とかドラマとか本とか、音楽とか、
色々でしょう。
ぼくにとっては、音楽はその中でも特別です。
短い時間で、リピート出来て、その間に様々な出来事を吸収して、マジックを増殖させる。
そして、自身を形成していく。だから、音楽にチャレンジし続ける価値がある。

きっとフィンランドの音楽に希望を見出す人は、日本人には少ないだろうけど、
もう絶対聴いたら得するのは、ぼくが保証する。
もまゆきゅもです。噛み付くみたいに食いちぎるみたいに聴きまくって下さい!
↑ギター頑張った!ゆーこさんノッてる!


[PR]
by momayucue | 2016-12-06 17:50 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31