今日のはげみ

女性用の服を好きなことについて

d0041508_05165.jpg

d0041508_051680.jpg

自分自身は、原則的に男性だと想ってますし、所謂LGBTに該当する部分もあまり無いですが、何となく、女性用の衣服が好きです。今日は、その事について書きたいと想いました。たにぴ@もまゆきゅです。

例えば内面が女性とか、男性だけど男性が好きだとか、そういう要素は、自分自身にはないつもりです。勿論、未来はわからないし、今のところ、と言うことではあります。

今回のテキストでは、全体にこんな回りくどい表現が多くなるので、予め謝っちゃいますね。ごめんね。

女装の趣味…とかでもないつもりです。ただ、女性的なシルエットのジャケットや、シャツや、特に帽子とか、身に付けたい位に好きなんです。しかし、「いっそスカート」とかにはいかないし、下着をそちらに…なんてこともありません。少しややこしいのは、その手の趣味の方を否定したくはなくて(でも盗むのはダメだよ)、もっとソフトにスカートとかの女装も理解出来るけど、ぼくは、何となく自分には女ものが仄かに好きな傾向がある。何か目の覚めるような違いではないんだし、そちらを追求している方にも失礼のないようにありたいのですが、仄かに、ほのかに、そんな感じなんです。
確かにまあ、職場では女子力の方が男子力よりも7:3位で勝ってそうと言われたりはします。しかし、やっぱし女の子好きだし、一応は男でしょじぶんはって想う。
少年に、出来れば美少年に、なれたらな。もういい年だから、少年なわけはない。でも、少年的な要素を引き摺ってる、はっきり言うと大人になれてない自分を感じることは、年がら年中あります。そこと、かっちりした男性的なスーツよりは少し柔らかくて、なんかカッコいい女性の服に憧れる。帽子は、男がかぶると余程可笑しいのでなければ、女性のヤツ、かぶりたい。アクセサリーは別にいらない。ボーイッシュな女の子みたいになりたい。でも服装だけ。

キャスケットは、写真にのってるのとか、
もう長く被りすぎて、しちゃいけないのに洗濯もしちゃう。
帽子は好きだなぁ。

ジャケットとかは、恐らく、ローリー・アンダーソンが、80年代のコンサートでで着ていた、シワシワだったりして到底パリッとは見えないようなのに憧れたんだと想う。
ローリー・アンダーソンは、かっこよかったなー。女性だけどボーイッシュで、知的で、よく動き回る。
ぼくは、もう長いこと自分がフロントに立つようなコンサートをしてないけれど、
もしやる機会がかったら、ローリーみたいにしたい。
ギターも弾くだろうし、ミュージシャン然とはしてるとは想うけど、
あのヤンチャな態度、最高に憧れる。

ぼくが服装で女性用のものに惹かれるのは、ローリーの影響が大きい。

でね、今回のテキストで言いたかったことは、ここから。
LGBTは用語としては少しずつ浸透してきています。性的なマイノリティー。同性愛者や、自己の性別への違和感を持っている人や、垣根が最初からない人。
彼等彼女等は、服装ひとつ、トイレひとつ取っても、
多くの偏見や誤解や攻撃的な社会通念と闘ったり、
或いは諦めたり折り合いをつけたり、逃げ回ったりしながら暮らさないとならない。
もしぼくが実は女性で、男子トイレに入ることに耐えられないとしたら、
変質者の行為をを誘発させるからと言う理由で、女子トイレに入れないなんてことに耐えられるだろうか。
或いは、未だに世間にはありもしないのに「そのすじのひと用」のトイレが出来たとしてそこに、堂々と入れる世の中だろうか。
そんな強要の中で、暮らさなければいけない人々に対する想像力は、まだ、無くてもいいことになってる。
マイノリティーだから。
ぼくはそんな酷いことにとてもとても同調したくない。
彼等彼女等の、味方でありたい。
そしてLGBTの闘いを、無条件に尊敬しています。
それに比べたら、ぼくの服装のシュミなんて、何の主張にも値しない、ありきたりのもの。
彼等彼女等に失礼な態度、傲慢な態度、は、取りたくないです。

強いて言えば、ぼくは伸長が178センチ。女性用でこの身の丈で大きめなのを捜すのは、ちょびっと大変。
なので、また、時代もLGBTアリな時代なので、
カテゴリー的に女性用のでもいいけど、
もう一寸大きめサイズの女性用が、手に入り易くなってくれないかなー。
と想う今日この頃。






[PR]
by momayucue | 2017-03-01 00:05 | 今日のはげみ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30