つれづれ

TRIUMPH/ロナルド・ブルーナー・Jr

d0041508_22403855.jpg

どちらかと言うとアンチ・バカテクな、たにぴ@もまゆきゅです。

高速演奏は、どの楽器であれ、あまり好きじゃない。
ドラムのヴィニ・カリウタとか、セッションに居合わせたら、
少し黙ってて、と言いたくなるかも。
最近ね、自分や他人の自己顕示欲や、自己中心的な振る舞いが、
凄くすごく苦手だと気付きました。
誰でも、多少は目立ちたいとかヒロイックなところとか、
あるものだと想う。
でもやはり、場を壊す人とか、イヤだ。
で、ぼくは最近、自分が凄く窮屈と言うか、本来向かうべき流れから議論がかけ離れたりが、
もはや弱点ってくらいダメなのがわかってきた。
なので、抑制の感じられないバカテク系の演奏家は、苦手。

今宵の主人公は、ドラマー
あのサンダーキャットの方がソロアルバムでは先輩であるのよ。
しかしねー、これは、サンダーキャットよりもぼくだったら、まずこっちが好きです。
曲が、ぼくに馴染むのが多い。

手数が多い。サンダーキャットもだけど、この辺の人達って、
音を詰め込むタイプなのに、
何処か、謙虚な音がしているように想います。
つまり、コンセプトの為になら音は詰め込んでも我は詰め込まない。
…、まあ、コンセプトって我なんだけどさ。

おすすめしちゃうし、愛聴必須で必至です。
言い忘れましたが、Romald bruner Jr、サンダーキャットの実兄。


[PR]
by momayucue | 2017-04-30 22:40 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30