つれづれ

Romantic Sound of Sitar/Rais Khan

d0041508_18392022.jpg

シャクティなみなさま、ラヴィ・シャンカールなみなさま、
こんばんは、ヴィラヤッド・カーンを崇めるたにぴ@もまゆきゅです。

インド音楽なんて、またアクセス数減りそうなものを…。
と言いつつ、今朝出勤の際は、青山陽一の"jaw"だったのですが、
帰りはいきなりこんなものを。
実は、ライス・カーンについてなぁんも知らないで、このアルバムを買ったんです。
もう20年も前か……遠いとおい、遥か遠い眼です。
鈴木ひろしさんの家で、ヴィラヤッドさんのレコードを聴かせてもらい、
完全に固まって…しかし彼のCDは当時出て無かったので、
共演していたタブラ奏者、ザキール・フセインの参加してるものを、
量販店のそれもんコーナーで捜してたんです。
で、ジャケットに写ってたシタールが物凄くかっこ良かったので、
買ったのがライス・カーン。
ご覧の通りライス先生もハンサムで、さぞや女を泣かせてるんだろおねい。
鈴木さんの解説によれば、この写ってるシタールも、
なかなかツウなものらしい。
みんながみんな、小泉文夫さんみたいになるのは無理があるし、
キライなものまで好きになれとはねえ、大きなお世話でしょう。
受け付けない人もいていい。人に押し付けなければさ。

ライス・カーンはね、ぼくなんかが言うととても変な言葉ですが、
セクシーな音楽です。
月夜の妖しいムード。
[PR]
Commented by とど at 2007-06-21 20:12 x
BGM会社に入りたての頃、直属の上司がご結婚されて、新婚旅行がインドでした。
「私が、シタールとか買ってくるんですか?」と調子に乗って訊いたら、何かグラリと気持ちが揺らいでしまったようで、買ってこられたそうです(笑)。
まぁ、ジョン・マクラフリンとか元々お好きだったそうだし、私のせいばっかりでもないと思いますが。
Commented by みっちい at 2007-06-21 21:53 x
ははは〜これも絡んじゃお♪
友達から「BIG JIM SULLIVAN」というCDを借りました。これが「シーズ・リビング・ホーム」とか、「蒼い影」とかカバーしててなんだか面白いアルバム。シタールは弦が多いので弾きません。WarrGuitarだけで十分ですから。

あー、ガムランチックなセッションしたい。
Commented by たにぴ at 2007-06-22 23:58 x
とどさま。
ところで、何故にとど?
インド音楽はね、一筋縄でもニ筋縄でもいかない、
かなり深い代物です。さあ、他人の人生を踏み外させましょう!なんちて。
みっちいさま、mixiでも書いて頂き、涙ちょちょぎれです。
そもそもの構造や様式が複雑なので、
古典インド音楽は、前衛化したり、
POP化したりする余地はあまり無いんです。
古典じゃないとこでは、ご存知とは想いますが、
映画音楽とか、凄いでしょ。踊ったりさ。
あれ楽しいンだよね。一度ライヴでやりました、マハラジャダンス!
Commented by SitarSUZUKI at 2007-06-23 13:05 x
おおっ、これは唯一参加できるジャンル!
良いですよねぇ R・Khan 本当にカッコ良く艶っぽいアーチストですよ。
何だかんだ云っても目下シタールのトッププレーヤー。(昔はルックスもイケメンでシタール演奏家でトップだったんですよ。)
憧れのアーチストの一人、滑らかで艶っぽく熟達された音。
今パキスタンに在住で、パキスタンの人達に私の師匠と勘違いされ凄く恩恵を受けた事も有りました。(私の発音が悪くて・・・)
その位凄い演奏家なんですよ。まあ誰でも聞けば判りますけど。
で、敢えて否定しなかった事は「偽装」でしょうね?
Commented by たにぴ at 2007-06-23 19:20 x
すずきさん、ご無沙汰してます。
ライス・カーン、失礼ながら、なんかカーマ・スートラな感じが(^^;
そこが好き。
でも、どんなタイプの弦奏者にも添うことが出来て、
必ず力を発揮するザキールも凄いです。
弦に限らずか…。
ぼくとしては、エスニック云々でなく、もっとニュートラルな感じで、
ザキールと一緒に演奏する機会とか、あったらいいな、と想うのです。
もっともっと音楽を作りたいなー。
by momayucue | 2007-06-21 18:39 | つれづれ | Comments(5)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31