つれづれ

Music For Airports/ブライアン・イーノ

d0041508_23101293.jpg

環境音楽がかったるい、という各位、
えーとこんばんは、かったるいものがそもそも好きな、たにぴ@もまゆきゅです。

環境音楽。
コンセプトが、あまりにも解り易過ぎる。
要するに、環境音に、イエスと言えばいいんでしょ。
それを、音楽とする、或いはアートとする。
音楽って意外とテクニカルというか、
そのジャンルのセオリーさえ満たしておけばOKみたいなところが多聞にあって、
スタジオ・ミュージシャンを聴く風潮とか、結構売上げを支えてたり。
今風に言うと、音楽の醍醐味をケータイ小説にするみたいなもの。
スティーリー・ダン風にしてしまうとか、色々、技術で出来てしまうでしょ。
しかし、技術すら飛び越えて、
白鍵だけ勿体つけてロバート・ワイアットみたいにピアノ弾くことなら、
……誰でも、出来る?
しかし、キース・リチャーズのあの超簡単なリフを、
誰が弾いても、ストーンズのあれにはならない。
音楽には、打ち込みであっても何かが宿るものみたいです。
やっぱり、このアルバムの音楽は、Brian Enoにしか起こり得ない、他の追随を許さない下手な凄さがある。
メロトロン。今となってはそれ程艶の無い音質。

ところで、環境音楽は、環境だから、ヒーリングっつうか癒しなんて関係ないじゃないすか。
でも、今日のたにふじは、
明らかにヒーリングを求めて、これをなのぽっどで聴いているんです。
実は少し、音楽の受け止め方が変わりつつある。
しかも、さだまさしさんに感化され。
[PR]
Commented by みっちい at 2009-01-22 23:51 x
うーん、『AIRPORTS』だったんですねー!!しまった、Sが抜けてた…。

環境音楽に限らず、その人にしか出来ない何か、が大切だと思っています。それにしてもこのシリーズは衝撃的。自分もどれだけ魂に響いて癒された事か。正にヒーリングぅ〜☆です。

もまゆきゅもみっちいも我々にしか出来ない事をやってるよねぇ。それは大切な事よねぇ。
Commented by ジャロイド at 2009-01-23 06:27 x
クラフトワークも彼らじゃなきゃ有り得ませんですよね。
うむむ…打ち込みでも何でもワン&オンリーで宿るのって大事ですね。個性その物。
真似したくなって、しかし、そうはならない物。
そういうのが沢山あるから面白い。
Commented by たにぴ@アンビエントマン at 2009-01-23 23:29 x
みっちいさま、
しまった…って何のことやねん。

イーノにはスノッブ思考は無かったのかしら。
だって空港の音楽でしょ。なんちて。
Commented by たにぴ@物真似下手 at 2009-01-23 23:42 x
ジャロイドさま、こんにちは。
クラフトワークもまさしくそうだと想います。
ていうか、奴らいまだにあれでしょ。
変え方知らんのでしょうな。
ムフフ。何とかのひとつ憶えっすな。
by momayucue | 2009-01-22 23:10 | つれづれ | Comments(4)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30