つれづれ

Instrument Landing/プレストン・リード

d0041508_22552682.jpg

押尾コータロー以降世代のアコギストの皆さま、
こんばんは、保守的なフォーク世代、たにぴ@もまゆきゅです。

ぼくは、殆ど一切タッピング奏法をしません。
理由はあるのですが、一言で言うと、
そっちは打ち込みでいいや、と。

ライヴが立て続けに入っていて、
それぞれワンマンでも無いので、時間は30~40分。
動揺してちゃいけない。なのに生真面目に練習を繰り返す。
兎に角、うさぎにつの、難易度の問題よりも、疲れてるとノリが出ない。
音量はぼくはあまり出したくない。
生音が大きい人と演奏するのも、疲れる。
態度でもそう、大きい人は疲れます。

悩みながら、Preston Reedの作品を。
今や巨漢で、タッピングの洪水らしいですね、この人。
でもぼくは、この時代のアルバムには、非常に「静寂」を感じる。

作曲しよっと。悩まない悩まない。
[PR]
by momayucue | 2009-02-25 22:55 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31