つれづれ

New World Order/カーティス・メイフィールド

d0041508_22341056.jpg

神を持っていない、たにぴ@もまゆきゅです。

あのCurtis Mayfieldが、敬虔なキリスト者だということに、
おそらくぼくは、永遠に驚き続けるだろう。
あのStevieが常に神に感謝していることに、
ぼくはある種の怒りのような驚きを感じ続けるだろう。
耐えられるものにだけ与えられる七難八苦?
才能と引き換え?
それとも、巡り巡った罪の報い?
信じない。ぼくはどうしても神を許せない。
それでもカーティスが、スティーヴィーが、レイ・チャールズが、
自らの血と五感のうちの幾つかを差し出して、
誰の事も呪わない、生きる喜びの迸る音楽を放っている。
彼等を愛すれば愛する程、そして彼等が神に感謝すればする程、
ぼくは、彼等の差し出したものを奪っていく主に、
恨みを憶える。酷いよあなたはって。

優しく暖かい笑顔と声のCurtis Mayfieldが、文字通り病床で、ベッドでレコーディングした、
ラスト・アルバムが今日のこれです。
「新たな体制の世界を」

ぼくは、ある種の罪悪感にかられながら、音楽をしている。
それは例えば、音楽をすることの罪かも知れないし、
生きる罪を音楽にしているのかも知れない。
カーティスは、どうなんだろう。
ぼくは、音楽を作る人間が、或いは超一流のアスリートが、
或いはメニューを読むだけで感動させる俳優が、
人格者だとも想わない。そんなものは、音楽の魔力の前にひざかっくんの如くコケてしまうだろう。
しかし、
カーティスから、どんな過酷な運命も、
彼の暖かなハートを引っぺがすことは出来なかった筈だ。
彼は、勝ったのだ。

イエスも、そんな風に処刑されたのだろうか。思考はぐるぐるとまわる。
[PR]
by momayucue | 2013-03-31 22:34 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30