もーしょんぴくちゃー

かもめ食堂/小林聡美主演 荻上直子監督

d0041508_4311681.jpg

d0041508_4311788.jpg

2006年、「かもめ食堂」という、なあんちゅうことのない映画が、ヒットするでもなく、そこそこ盛り上がり、やがて、口コミというかネットコミで、すっかりある場面を象徴する傑作として、不動の地位を得ました。
たいして大きくない地位ですけど…。むふふ。

舞台は、フィンランドはヘルシンキの食堂。
スカンジナビア半島。それ迄のイメージは、所謂白夜であり、雪であり、地味で物静かで、魚の干物で、あとはなんだ…その、えーと…マニアックに言って、カジヒデキ。
スウェーデンは、税金の国で福祉国家で小学校から性教育をしてる国(最後のはホントかねこれ?)。
フィンランドと言えば、バイキングのビッケがトンチで仲間のピンチを救う。
ぼくの不勉強なだけかも知れないですが、スカンジナビアは、ポップとはあまり言い難い、ハジケないお洒落、みたいな印象でした。この映画を知る迄は実は。
しかし、東ドイツなどが顕著なのですが、東西の統一からユーロに依って様々な負債が一度チャラになってしまい(乱暴な表現ですみません)、どちらかと言うと控えめだった感性が、一気にハジケたのではないかね。フィンランドもスウェーデンも、色彩がスゴイ。ナチュラル・ボーン・トロピカル。国土はトロピカルじゃないのに、もうザ・ポップというのが知れてしまった。IKEAなどその安さも背景に日本でどんどん認知されて、無印やニトリにさえ警戒される程。
ヘルシンキに、「かもめ食堂」という名前のショクドーを始めた、まるで、
「コミカルな女優が営業モードをオフにしたらすっごく清楚で美しくて魅力的だった!」
を体現した、小林聡美さん扮する、サチエ。冒頭の、プール。閑散とした食堂。それは孤独ではなく、ただただ静かで落ち着く。青い内装の素敵なことは、写真を観ても充分伝わるでしょう。
食堂の、和食でも洋食でもなくて、日本の家庭料理の、しかも更に普通のヤツなのだが、おにぎりとか、いちいちが美味しそうにも程がある程美味しそう。全く程があるぜ。ここのリーダーは、今を時めく飯島奈美さん。映画で観ても美味しそうに見える、しかも実際に美味しいものを作る人。
そして周囲を固める才人達。アングラ的でありながら前衛的ではなく、ミステリアスなのにお茶の間風、親しみ易いのに隠し切れない女優オーラ、片桐はいりさんは、存在するだけで頼りなげで奥ゆかしく全てを語ってしまう。それから、一言も話せないフィンランド語を何故か完璧に理解し、失った筈の自分の荷物が返ってきたら何故か全てキノコ、という不条理を一切説明させない魔女且つ平均的日本女性、もたいまさこさん。この才人達は、何しろでしゃばらない。厭味に目立ってしまうことが無く、完璧にこの映画に調和している。
音楽は近藤達郎(関係ないけど、昔々「近藤達郎」という名前の主人公で小説を書いたことがありました)。沢山の出番は無いけれど、これもまあ見事に抑制された、キュートなテーマ曲です。フルート2本を核に、映画から不安感や昂揚感を取り除く素晴らしい役割を果たしています。で、エンディング・テーマが、どかーんと井上陽水。いきなり豪華過ぎる青空!

ぼくの好きな所謂ロードムービーは、ミニマルで淡々とした作りがトレードマーク。ヴィム・ヴェンダースや、ジム・ジャームッシュ。とりわけジムは、かなりドラマを排除した、或いはストーリーを極力ドラマチックに語らない語法で人気の監督です。
しかし、この「かもめ食堂」は、それを更に女性的な最高のセンスで表した、
「もう日常がイイのよ、ご飯食べたりお散歩したり傘を選んだり一寸旅行したりアニメの歌想い出すとかそういうオトコとか面倒なものがないのがいいのよ!」
という世界。フィンランドで始めたレストランが少しずつ繁盛して、仲間が増えて、幸せな時。宇宙人も犯罪も出てこない。いや、出てきてるけど、取り立てて大騒ぎしなくていい、そんな世界が、北欧にあった。

兆しのあった北欧ブーム、日常生活をフツーに愛おしむ感性、色彩感覚の明るさ、飯島さんのカリスマフツーに美味そうな飯、これは、全世界をまたにかけるニッポンのフツーな女性達の雅そのものだ。コスモポリタンがなんぼのもんじゃい!
非常に驚くのが、Amazonでのレビューの量。凄いねこの人数。それらを観ていくと、
「可愛いアイドル3人組で撮られていたら評価は変わっていただろう。そういう残酷な作品」
なあんて言ってる人もいる。もし主演が旬な20代のスーパーアイドルだったら、そんな映画誰が観るかい!そこがこの映画の素晴らしい処だし、なまじ大人でも美女キャラ全開なばっかりにこういう作品に出る機会を逸して悔しがってる女優もきっと沢山いるのよ。更には、こんな風にくさしてしまうことで私は楽しみません宣言して自己満足する奴も、常に一定数いるらしい、残念だね。この映画ならではの自己満足に浸れないのは、一寸損してるかもよ。

ほのぼのともほっこりとも違った、たにふじ名付けて、「飄飄(ひょうひょう)女子」。
…な映画は、やがて男性にも感染して、
「南極料理人」みたいな作品も生まれます。まだまだ展数は少ないけれど、こういった、
「感動なんて絶対させないぜっ!」
みたいなことが、その内に宇宙迄飛び出していくような、無限に飄飄女子な女子や男子やじぇんだれすが、席巻し過ぎない程度に席巻しますように。
[PR]
by momayucue | 2013-06-22 04:31 | もーしょんぴくちゃー | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30