つれづれ

OUR DECADE ぼくらの時代/ゴダイゴ

d0041508_7194315.jpg

80年代がぼくらの時代だった、たにぴ@もまゆきゅです。

GODIEGOは或る日突然、物凄いセールスを出せるバンドになりました。
メンバーそれぞれが、個性も実力もあるので、
バンドとしてさながらアイドル並みにならなくても、
まあ音楽家として何とかなったのではという気がしますが、
蓋を開けたら、日本のいち時代を代表するバンドに迄なった。
ロックファンの間では知られてたけど、
お茶の間に浸透するきっかけは、確か、「西遊記」じゃないかな。
ドラマのサウンドトラックをミッキー吉野が、テーマ曲をバンドが担当。
タケカワユキヒデの、日本人とも英語圏の人ともつかない、
しかもパワフルでもない、なのにロックとしか言えないヴォーカル。
独特のメロディー感覚。
国内のヒットチャートにバーンと英語の曲が入ってたのは
「モンキーマジック」が初めて…じゃない?それ以前のことはよく知らないけれど。
その後、「銀河鉄道999」や、出る曲みんな黒柳さんの番組で演奏されてた。しかも2コーラスめは英語だったり。
サザンや原田真二やチャーも出揃って、歌謡曲という枠が少し変わってきてた。

1979年、今日のこのアルバムが出ました。
奈良橋陽子さんという人が、英語で作詞をしてるんですが(もっと前からだけどね)、
この人は本当に凄いと想う。只歌詞だけ書いてるのではなく、
アルバム全体の世界を歌詞からプロデュースしてる。
コンセプトがあって、単独で成立している楽曲に、アルバム中の役割を振って、
非常に知的な論文をはっているんです。
そりゃさ、アートとしてさ、
字数を合わせてグッとくる歌詞を書いてヒットさせて、
時代の風を感じさせるのも凄いことですよ。
様々なアイドルのブームを仕掛けるのも凄いですよ確かに。
でもねー、奈良橋さんは、全然表に出てこないのに、
作家性をぼくは物凄く感じてた。

70年代を総括した論陣をPOPにはって、
世界の何処に持って行ってもリスナーに訴えられる作品をプロデュースしてる。
ロック的だけどオリエンタルで、音楽性もとても高くて、
とりわけこのアルバムは、媚びてない。
やりきってるんです。
日本国内で売れようというスケベ心があまりなかったんだろうな、きっと。
歌詞最初っから英語だし。
中東でコンサートやったら珍しくて何万人も集まったりして、
それにすらあんまし舞い上がってる雰囲気無かった。
一応サービス精神はあって、コンサートも客層に併せたものになり、
妙に良い子路線の曲も一定量作ってたり。
バラエティにも出たし、全く特権的な偉ぶったところもなかった。
だけど、歌謡色に染まることもなかったのは、
英語を主としていて、そのプロデュースが只事じゃなかったからだと想うんです。

冒頭に書いちゃったとおり、
ぼくは70年代を自分の時代とした世代ではないです。
なので、このアルバムのタイトルも、意味がよく呑み込めなかった。
今は、とてもよくわかるつもりです。

それにしても、この21世紀というもののていたらく。
恐らく日本は、守りではなく、戦争をするのだろうな。






[PR]
by momayucue | 2015-09-17 07:19 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30