つれづれ

GreenHouse/イエロージャケッツ

d0041508_1513051.jpg

フュージョンな、たにぴ@もまゆきゅです。

何しろ基本的に16ビートが好きで。
で、自分の中でヴォーカルよりもインストの比重が一寸高め。
なのにカ○オペアは苦手っていう…。

Yellowjacketsは、フュージョンの中でも中堅的なヤツ。
アメリカだと、スタッフとかクルセイダーズとか(Amazonのリンクなんだけど、評の中に間違ってデイヴ・グルーシンのこと書いてる人いる)、
人気があったり、解り易かった。
ウェザーリポートは金字塔。
ジャコパット・メセニー・グループは開拓者。

キーボードのラッセル・フェランテ率いるYellowjacketsは、
ホールを一杯にするタイプではなく、クラブで毎日毎日やってるような感じ。
継続は力なり。急激に動員が落ち込んだりしないから、
メンタル的に安定してて、バンドも息が長くなる。

肝心の演奏は、勿論肝心なんだから、ばっちりですよ。
ラッセル・フェランテの作るトリッキーで熱苦しくない曲は、
いつどんな時に聴いてもいい。
曲にエゴイスティックなところがないから、
演奏するのも愉しいだろうなと想う。
左利きの6弦ベース奏者、ジミー・ハスリップ。首を振りながら弾く。
ラッセル同様派手過ぎたりしないけど、
本気出すとギョッとするくらい巧い。
長い歴史の中で、実に沢山のミュージシャンが関わったり出入りしてた。
ロベン・フォード、マイク・スターン、ボブ・ミンツァー、
ピーター・アースキン、なんとジャコの息子迄。
バンドが中心になってバックアップしたミュージシャンも、渡辺貞夫さんとか数知れずです。

セカンドがこれ。日本の多くのフュージョンみたいに明るくPOPに収まったりしない。
まあそう作ればもっと売れたのかも知れんが、やっぱこっちの方がカッコいい。
中堅の上品さと確実さがあるのよ。

















[PR]
by momayucue | 2018-05-13 01:51 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31