つれづれ

simplified/レジー・ワッツ

d0041508_1535186.jpg

多分ですけど、たぶんなんですけど、アフロは似合わない、たにぴ@もまゆきゅです。

やったことないし、やる気になったこともないし、
今ではやるモノがふわふわとしか残ってない(泣)。

ゆーこさんは昔アフロにしてたそうです(驚愕!)。

レジー・ワッツは、アフロアメリカンの父と、フランス人の母。
ドイツ生まれ。
子供の頃からバイオリンとピアノを習い、
高校生になって、シアトルで音楽活動を始めた。
なのに、今はヴォイス・パフォーマンス・コメディアン。
TEDでのショーは圧巻。Reggie Watts。

このアルバムは大真面目で、ラストのトラックでは、アカペラを披露してる。
Beatboxと、ベースと、ヴォーカル。
彼は今は独りで、ループマシンを使ってライヴで即興でそれをやる。
ラテン語らしきものをふざけて真似て喋り、
イギリス英語とアメリカ英語をコミカルに使い分け、
見事にオーディエンスをノセていく果てに、出てくるヴォーカルが超ソウルフル。
そりゃウケますよ。
HipHop以降のBeatBoxは、物凄い達人がいて、
いったい口で何やってるん?これ何でも口だけでいけるんちゃう?
みたいな世界になっちゃってます。
それに比べたら、Reggieはもっと普通。クラシックソウル。
だから、アルバム聴いてるだけだと、コメディアンって感じはほぼしない。
流石にルックスがこうですから、別人かもなんて疑念は出ないけど。

アルバムはあまり出してなくて、多分、たぶんなんですけど、
身体的パフォーマンスが活動の主軸なんだろうな。
こういうので笑える語学力があったら、tom waitsが来日してもついていけるかも。
とは言っても、時々某所でDJやる時にかけてる通り、
"simplified"はめっちゃアダルト・コンテンポラリーで、大好き。
ぼく好みの、1枚なんです。















[PR]
by momayucue | 2018-05-15 01:53 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31