ライブダイアリー

コンサートについて。音楽をやってきて…の連投。

d0041508_23374976.jpg

音楽をやってて…1。
何かブレイクするきっかけが無いと、どうしても友人知人に声をかけることになるのが、コンサート。南佳孝があれだけの傑作でデビューしても、ライヴはがらがらだったと。ましてやもまゆきゅ。タワレコで扱って貰っても、零細バンド。

音楽をやってて…2。
子供の頃から音楽をやめるきっかけを失って続けてしまい、人前なんて全く好きじゃないのにコンサート位はやるものだと自分を一般化したかった。音楽がやたらと好きな、それだけだった。しかし…

音楽をやってて…3。
作曲をして、カセットにマルチで録音して、ある種のノルマとしてコンサートに参加する。結局は義理で友達に来て貰う。
申し訳なくて、音楽好きな訳でもないのに…なので、何とか楽しんで貰って、来て良かったと想って貰えるようにと工夫した。

音楽をやってて…4。
普通の編成のバンドではなく、30代位から独りでやるようになって、煽るとかアクションとかロックっぽい音楽でもなかったし、ローリー・アンダーソンなんかを観て、色々と考えた。まず、手足を延ばそう。生身を使いきろう。

音楽をやってて…5。
独りでコントのようにやってもみた。何の前触れもなく「お葉書が来ています。ロンドンにお住まいのジョン・ライドンさんから。『たにふじさんいつも楽しく聴いてます。先日オヤジ狩りに遭いました』」とかやった。ウケました。

音楽をやってて…6。
人前で緊張する事を逆手にとって、緊張をテーマにしたお葉書を幾つか読んで、最期には一寸しんみりしたいい話もして、緊張する人々を肯定するストーリー。でもまあぼく自身が緊張してるのでそこ迄表現出来ず、ウケだけ取って終わったけど(^^;

音楽をやってて…7。
そのうちほんとに葉書くれる人も出てきて、お客さんの期待値が上がった。頑張った。ウソ英語でMC通してみたり、おネエキャラで何事かを主張したり、打ち込みでカラオケ作って、楽器を置いて手話しながら歌ったり対応してた。


音楽をやってて…8。
田舎だけど、そのハコで1番になれた。
演奏の方は、ヴォーカルものも日本語と外国語と、ギターのスタイルが一寸変わってるのでそれの見せ場になるインストコーナーも。お店にたまたま来た人がそこからおっと想って貰える工夫。

音楽をやってて…9。
こいつは音楽もちゃんとしてる…と評判を貰えた。毎回1曲は同じ曲を続けて、スタンダードとして覚えて貰った。音楽蘊蓄トークと何かしら社会派な話題を結びつけて(今の隠密トークに繋がるねぇ(^^;)、そういう開拓もした。

音楽をやってて…10。
とあるBGM製作の話を頂いた時に、体調崩したのもあって暫くコンサートを休むことにした。開演と同時にステージでズボン脱いでパジャマに着替え、1時間ライヴを終えて、「おやすみなさい」と同時に完全消灯して、アンコールで歌いながらお店の外に出て、少しして戻ったら、

音楽をやってて…11。
お客さんが手を叩いて歌い続けてくれてた時は、こちらが感激させられた。ありがとう。ああオレコネもきっかけもなくコツコツと頑張ったな、こんなに聴いて貰えた、と。

音楽をやってて…12。
それでも、来てくれると言ってた人にドタキャンされて落ち込んだり、迷惑かなと気にしながら無視するのも悪いかなと声をかけさせて貰ったり。そんな風にこちら側もあちら側も困ったり気にしたり頼ったり義理でだったりしながら、

音楽をやってて…13。
ミスチルでさえきっと、次のツアーでドーム半分しか来なかったら事務所の給料どうしようとかプレッシャーを感じながら、日々アートと営業に苛まれてるんだと想う。安泰なんて無いよ、きっと。

音楽をやってて…14。
連投失礼しました。それから、DM迷惑なかた、ごめんなさい。それぞれにコピペもありつつメッセージを込めてます。コンサートに来て下さい。ぼくの信じる良い音楽を、お届け出来るよう努力し、考えます。
https://t.co/DtRTYx81lq
d0041508_139257.jpg

d0041508_1392583.jpg




[PR]
by momayucue | 2018-08-19 01:39 | ライブダイアリー | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30