つれづれ

nouvelles vagues/トラフィック・クインテット

d0041508_061979.jpg

チャック・タチをあまり知らない、たにぴ@もまゆきゅです。

Traffic Quintetという、名前の通り弦楽5重奏。
全く活動を知らないんだけど、今ドキのクラシック・グループらしく、
ディスコグラフィーを見ると、アレキサンドラ・デスプラの作品集をやったりしてる。
惜しいよなあ、もう少しあとだったら、
グランド・ブダペストシェイプ・オブ・ウォーターでアカデミー賞獲ってたのに。

さてこのアルバムは、タイトル通りフランスのヌーベル・バーグ映画のテーマ曲を集めて、アルバムにしてます。
シックで、前衛になり過ぎず、ほどよくコマーシャルなのもいい感じ。
やり過ぎてないんです。
ゴダール作品とかもさることながら、
ともすれば「ラスト・タンゴ・イン・パリ」なんて、軽っちくなりそうだけど、
ほんとにバランスがいい。

実はこのアルバムも、クインテット編曲がそのアレクサンドル・デスプラのペン。
で、バンド名(って言わないか。グループ名)は、ジャック・タチの「トラフィック」から引用してるんだそう。
この辺に、クロノス・カルテットとは違う道を行くんだという意志を感じます。
わざわざクロノスを持ち出してはいなくて、ぼくが勝手に持ち出してるのだが。

こういうの、ぼくもやってみたいです。
バラネスクとか、ブロドウスキーのカルテットがあるけど、
なんつっても一番人気あるのは、やっぱりクロノスでしょう。
クロノスのコンサートは一度行ったことがある。
本編ではライヒの曲とか、いかにも彼等らしいプログラム。
でもって、アンコールになるとアメリカのTVドラマのテーマをメドレーで。
もう盛り上がるのなんの。

Traffic Quintet、可能性沢山あるな。色々とやって欲しい。
フォークの古典をちゃんとアレンジしたりとか。
これがクロノスだと、日本民謡やチーフタンズとか、それはそれで楽しいけど、
トラフィックの面々なら、ディランやU2やってもよさそう。
で、クロノスははっぴぃえんど、なんちて。

そう言えば、YMOをやったのがあったっけ。











[PR]
by momayucue | 2018-09-02 00:06 | つれづれ | Comments(0)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30