N.Y.での一寸泣かせる話シリーズ

オノ・ヨーコの架空のラジオ投書

d0041508_2347545.jpg

   NY ダコタハウス  小野ようこ

「ギリギリセーフ」がテーマということで、もう20年も前の出来事ですが、なんとなく憶えていたことを、おたよりさせていただきます。これといっておもしろい噺でもないですし、スリルたっぷりの噺でもありませんけど。

その日私は、息子のショーンと、マネージャーの3人で、映画を見に行ったのです。映画は確か、コッポラの久しぶりの監督作品、”PEGGY SUE GOT MERRIED”だったと想います。当時大ヒットしていた”BACK TO THE FUCHER”のコッポラ番といった物語ですが、温かみのある素敵な作品でした。
それはそうと、帰りの出来事です。
映画館を出て、BROWDWAYに出てTAXIを拾おうと想っていた時、恐らく同じ映画を見ていた日本人の少年と、眼が合ってしまったのです。
彼と私との距離は、10メートル少々でしょうか。2人連れの少年の一人が、はっきりと私の姿をみとめました。
ご存知の通り、私は非常に有名な人間です。世界で最も顔を知られている日本人の1人です。私の望んでいたことも、望んでいなかったことも、その客観的事実の周辺で起こっていきます。もし大勢の人が同時に私に気が付いたら、やはり騒ぎになる。そんな事を、私は望んでいません。有名な人も、そうでない人も、平凡で当たり前の人間は、誰だってそうでしょう?ましてその日本人の少年2人のうちの1人。彼がもう1人に、私を指さしながら
「ほらあそこ、オノヨーコだぜ」
なんていったら、私とショーンはもう確実に騒ぎに巻き込まれる。
彼はその時、すぐに眼をそらしました。勿論私も。唯それは、敵意からの仕草ではなかったので、お互いにその存在を眼の隅に意識しながらです。
その緊張した時間は、およそ1分続きました。やがてマネージャーがTAXIを捕まえ、ショーンを先に、私が後から乗り込みました。
もう大丈夫、という気持ちが、彼と私にきっと同時に起こったのだと想います。動きだしたTAXIの中で、彼を見ると、彼がにっこり微笑んで、指で、”I LOVE YOU”とサインを送ってきました。私は、やはり微笑んで、ピースマークを彼に送ったのです。何事もなく、PEGGY SUEの1日が過ぎました。噺はこれでおしまいです。

私がもう20年も前のこの出来事を憶えているのは、本当にたまたまに過ぎません。第一私やショーンにとってそれは、1日の食事の回数よりも頻繁にある種類の事ですから。それに、私の亡き夫は、まさにこの有名であるという事実によって殺されたのです。
私達を知っている人々が私たちにつきつけるものは、本当に驚く程多い。例えば私の日常であるこのエピソードも、きっとあの日本人の少年には印象深い出来事だったでしょう、そして、大勢の人に、オノヨーコがピースしたなんて話してるでしょう。主人を射殺した男は、彼がダブルファンタジーを発表した事を、「売名行為」と判断して、JOHN LENNONの名を汚さない目的の犯行だといいます。
私にしても、有名であることの75%が生活の妨げになります。(余談ですが、私は特に日本人には評判が悪い。極端に東洋的なのだそうです)
あのときの日本人の少年のようなささいな思いやりは、有名であることのほんの数%。なのに、やはり私は、そして亡き夫も、自分達を有名にしてしまった何かに、そう音楽に命を捧げ続けるのです。

※トリッキーな書き方をしてますが、私たにぴーさんが、N.Y.でヨーコを見かけた時の、
エピソードです。
ヨーコというとっつき難いイメージがあるでしょう。
でも、これでぼくはすっかり彼女のファンになり、その日はその足で、
60thのTower Recordに行き、このアルバムを買いました。
[PR]
Commented by scarpiaii at 2007-08-02 00:00
このアルバム、ニルソンの参加作品ということで僕も持ってます。
オノ・ヨーコ名義の諸作からは想いもよらないポップ・アルバム。

でも、本文の方はエピソードというのはちと語弊があり、それをもとにしたフィクションですね。音楽によらずたにぴさんの創作の発露なんだから、もっと正々堂々とフィクションをうたった方がよいと思います。

ともあれ、イベント成功おめでとさん
Commented by たにぴ at 2007-08-02 00:31 x
フィクションとは呼びたくもないし、
わざわざ指摘する程の問題も感じない。
沢木耕太郎風に言えば、「選択した語り口のひとつ」です。
ライヴはまたあるからさ。赤城カフェ、いい雰囲気ですよ。
Commented by スコットランド遠藤 at 2007-08-02 00:48 x
オノ・ヨーコといえば、デビューアルバム「オノ・ヨーコ」の衝撃が忘れられません。ジョンの「ジョンの魂」と同じようなジャケットのやつです。
「ホワイ」を最初に聞いたとき、デビュー当時のPILを連想したです。あのスピード感、並みのロックバンドじゃ絶対にまねできないと思いました。
Commented by ひろみつ at 2007-08-02 09:54 x
いい話じゃないですか・・・・フィクションにせよ、何にせよいい話です。
Commented by たにぴ at 2007-08-02 12:32 x
スコットランドさま、ご無沙汰!
最近ちっともお店に来てくれないんだから、んもう。
ヨーコのバンドは、みんな寝てても演奏出来る位の腕前なんだけど、
作品が作品だけに、理解して咀嚼しないと演奏出来なかったのではないかしら。
凄い集中力がいるもの。
ひろみつさま、こちらもご無沙汰!
フィクションっていうと、読んだヒトが
「なぁんだたにふじの作り話かよ」
と想うじゃん。
悪意は誰にもないんだろうけど、
結果ぼくが嘘つきに見られるのは、迷惑なんす。
もう過ぎた話題だからあまり引っかからないで、ぷりーず。
ところで、そろそろもまゆきゅのアルバム買ってくれまへんの?。
と、インチキ関西弁(^^;)
Commented by ATTA at 2007-08-03 13:31 x
この話はNYから北海道の私にアナログメールをもらいましたから本当の話だと思いますよ。まあ少年は言い過ぎね…青年だよね…
Commented by ATTA at 2007-08-03 14:10 x
ちょっと思い出したんだけど、NYでカセットに生録して送ってくれたじゃん。あれってどこかにある?
今聞いたら相当おもしろいと思うが…
家にはなかったんだよね…
Commented by たにぴ at 2007-08-03 19:55 x
ATTAさま、お疲れさま。
だからさあ、そうやって証明みたいなこと書くと、
またフィクションだと想うヒトが出ちゃうじゃん。お・し・ま・い・よ。
あでも、痛いとこ付かれた。当時は23歳デシタ(^^;)
それバンマスにも言われたんす。
「少年だと?ぬけぬけと!」
Commented by さくらめんと at 2007-08-25 01:51 x
私が住む北の島にも時々訪れていらっしゃるようです。
私がもしヨーコさんに会ってしまったらきっと出川のように
全身でちからいっぱい、しかも反射的にリアクションしてしまいそうです。
Commented by たにぴ@自分温暖化 at 2007-08-25 10:05 x
さくらめんとさま、どうしてる?
あなたがあなたの街で頑張っていることは、ぼくの励みであり、誇りです。
N.Y.の話は、mixiや個人的なメールでも、随分沢山感想を貰えて、
忘れてた気持ちを思い出したとかね、却ってぼくの方が励まされたり、
…むしろぼくは忘れてないだろうか?と自問したり。
きっと誰でも、自分だけで歩ける距離はそれ程でもなくて、
励ましや好意や気配に助けられて、進むんだろうね。
さくらめんとさんとは中々長い付き合い、でも1度もお逢いしてない。それでも、
お互い気配で励まし合える様に。
あなたの友人として恥ずかしくない自分でいたいです。
なぁんて、すっかり私信。
by momayucue | 2007-08-01 23:47 | N.Y.での一寸泣かせる話シリーズ | Comments(10)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31