つれづれ

チキンシャックじゃなくて…、PLAYING THE ORCHESTRA(88年盤)/坂本龍一

d0041508_19334489.jpg

d0041508_1933444.jpg

現代美術を支える、ゆーこさんの同志の皆さま、
こんばんは、何ら素地がないけど、……たにぴ@もまゆきゅです。

ふと想い出した。坂本龍一が、PLAYING THE ORCHESTRA(88年盤)の共同プロデュースに、
生田朗をクレジットしてたこと。
教授と、幻冬舎の見城さんとアキこと生田朗さんの、あの80年代。
ぼくは当時の空気を、かなりはっきりと憶えていて、
確か、幸宏や、香津美や、増尾さん迄、アキについて何かせずにいられない感じでした。
チキンシャックというフュージョンバンドのライヴを生田アキが訪問するTV番組。
彼がTVに出たのは、きっとあれ1回きりじゃないか。
「いやあぼくはね、すっかりチキンシャックを好きになっちゃったんだよね」
と言うアキに、優しげな髭のサックス、土岐英史さんが、
「ホントに?」
と笑顔で、でも、何故か疑うみたいな調子で問い返してた。おかしかった。
教授は、
「アキがいなくなって、何でも自分でやるべく学習を始めた。ぼくはいままで、自分の収入さえよく知らなかった」
と、あまり悲しみを露わにしない言葉で、彼の不在を語ってました。
確か「SELDOM ILLEGAL―時には、違法」という本に残って無かったっけ。
しかし、最も生々しかったのは、この奇妙なパッケージのアルバム。
ライナーに教授は、英語で、その喪失感を書いてる。
まるで詩の様な文章で。
それはそれはセンチメンタルな、痛々しい言葉で。

今日のアルバム、Amazonのリンクは後年再発されたものです。
ぼくが持ってるのは、大竹伸朗のデザインした、前出の奇妙な紙の箱。
振るとがらがらと砂の音がする。

えとですね、話は逸れるのですが、
最近、坂本龍一ファンで損をしてる気がすることがあります。
「だってしょうがないじゃん、B型で乙女座で教授のファンなんだから!」

ライ・クーダーとの組み合わせは、ヘンですか?

さてこのアルバム、素晴らしいオーケストラ作品かというと、一寸赴きが違うけど。今日はこんなものを聴きながら。
[PR]
Commented by テリー at 2008-05-04 22:44 x
そういえば…教授のLPを一枚持っていたことを思い出しました!!
確か…音楽図鑑だったかな…?
昔はNHKFMで教授の番組聞いてました…
あとオールナイトニッポンもやってましたよね?^^
Commented by たにぴ at 2008-05-04 23:44 x
テリーさま、こんにちは。
音楽図鑑、これも傑作ですよね。ぼくの一番好きなのは、
M.A.Y in the Backyard です。
綴り怪しい…。
by momayucue | 2008-05-03 19:33 | つれづれ | Comments(2)

モンキーマインド・ユー・キューブ・バンドのミュージックライフ。 こんな時代も音楽でしょう!


by momayucue
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31